車を売る前にバッテリーやタイヤは交換する必要はない!

今日は、意外にも多くの方が悩んでいる車の消耗品関係を査定前に交換したほうがいいか?について解説していきたいと思います。

少しでも高く車を買い取ってもらうと、タイヤ交換とかをしてから売ろうと考えている人もいると思いますが、

思わぬ損をしてしまわないように、ここでご説明させてもらっていることをしっかり読んでみてもらえたらと思います。

 

タイヤ交換やバッテリー交換など消耗品関係を新しくしたりとかあると思います。

皆さんのご想像のとおり、

タイヤでもバッテリーでも使い古されたものより新しいもののほうが査定上は良いわけです。

 

でも問題になってくるのが、

これから車を査定してもらおうという時に、そういった消耗品関係を新品に交換してから売ったほうがいいのか?というと

実はそれは間違いなのです!

 

どうしてかと言うと、

消耗関係の部品交換は買取金額にはあまり影響を及ぼすものではなく、

むしろそういった車のメンテンナンスは普通やってあるよね!くらいにしか買取業者は思わないからです。

 

もしも買取金額に関係してくるとすれば、

タイヤで言えばワイヤーがむき出しになるほどすり減っていてスリップサインも出てるよとか、

エンジンがかけられないほどバッテリーが弱い状態だったりすると買取金額のマイナスにつながってくるわけですが、

 

例えば新商品のタイヤが販売開始になったからといって、

そのタイヤに履き替えたとしても買取金額がプラスになるということはないのです。

この話は僕自身の経験談ではあるんですが、その時の買取業者の方には「これで買取金額が高くなることにはなりませんので、次に車を売却する時には正直交換しないほうがいいですよ!」と言われたお話なんです。

 

そうなんです、タイヤについてもバッテリーについても車の消耗品関係については、車を売ると決めた以上はあえて交換する意味など全くないということです!

勘違いのないよう補足しますが、古いタイヤやバッテリーより、新品に交換されたタイヤやバッテリーの車のほうが買取価格は高くなることに間違いはありませんが、

交換にあたって負担した費用ほど高く買取してくれるということはないようなので、やった分だけ損して勿体ないということなんです。

 

ここでは車の消耗部品について書きましたけれども、これから車買取してもらう予定だという方は、くれぐれも損して悔しい思いをすることのないよう、新しい部品やパーツに交換などせず、その状態のままで売りに出すようにしてくださいね!